臭いを抑える有効な方法とは

臭い対策で有効な方法とは 

毎日気温が高い日が続いていますね。
今年は暑くなるのが例年よりも早く、既に30度超の真夏日も当たり前になりつつあります。
暑くなってくると、気になるのが体臭などの臭い対策ですよね。

 

脇・足・頭皮・陰部など、人により気になる部分は違うと思いますが、これから汗ばむ季節に有効な臭い対策についてまとめてみましたので是非ご覧下さい。

 

そもそもどうして夏は体臭が気になるの!?

 

汗

夏に体臭が気になるのは、汗の分泌が活発になるからだと皆さん思っていますよね。

しかし、体臭を発生させているのは「汗」だけではないんです。

 

私たちの体には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の汗腺があります。
通常、蒸し暑くなり汗をが分泌されるのはエクリン汗腺ですが、このエクリン汗腺から分泌される汗は、無色透明で臭いは全くしない水のような液体なのです。
では、なぜ汗を大量に分泌すると臭くなるのか。

 

その理由は、皮膚に存在している雑菌です。

 

雑菌というのはいつでもどこでも付着してしまいますが、自身の衛生状態が悪くなるとどんどん目に見えないだけで増殖しています。
ここに汗が加わることで臭いを発生させるようになるため、汗と菌はセットで体臭を発生させてしまっているのです。

 



夏の臭い対策に有効な手段とは

夏の臭いに有効なのは、まず汗をまとめて分泌させないということです。
汗はまとめて大量に出るとその分臭いを発生させやすい状態となります。
そのため、日頃から適度な汗を分泌するように心がけて、ドバっと大量に分泌しないように心がけるのが大切です。

 

汗を適度に分泌させるには、

 

・新陳代謝を高める
・自律神経を整える

 

この2点が重要です。

 

ウォーキング

まず、新陳代謝を高めるためには、日頃から適度な運動を心がけましょう。

1日30分〜1時間ウォーキングやジョギングを行うというのも非常に効果的です。
運動の時間を設けようと考えると徐々に負担が大きくなるので、日常生活の通勤時間や近所への買い物などのちょっとした時間に、このような運動する時間を取り入れると、無理なく体を日常的に動かす習慣が身につきます。

 

そして、代謝を高める食事も取り入れてみましょう。

 

例えば、生姜を取り入れると基礎代謝が格段にアップします。
料理や飲み物など、取り入れやすいもので工夫して摂取を試みてください。

 

次に、自律神経を上手にコントロールして失調からくる多汗症が起こらないように努力しましょう。
自律神経はストレスがかかる生活や、乱れた生活習慣で乱れやすくなりますので、規則正しい生活に、ストレスを溜め込まない努力で予防が可能です。

 

是非、これから夏にかけての有効な臭い対策として取り入れてみてくださいね。