加齢臭の原因と対策について

加齢臭の原因は?

誰にでも起こり得る加齢臭ですが、できることなら加齢臭などを発生させることなく、いつまでも爽やかにいたいものですよね。

 

私たちは、歳を重ねていくと男性は皆加齢臭が発生すると思いがちですが、実は加齢臭は誰にでも同じように発生しているわけではありません。

 

中年男性なのに、なぜか若い女性から人気がある人。
お父さんなのにとても清潔感がある人。

 

このように、人により加齢臭の発生には大きな個人差があるのです。
では、加齢臭を発生させてしまう原因と対策についてご紹介していきますね。

 

加齢臭の原因1

 

食生活

加齢臭を発生させる原因として最も可能性が高いのが食生活です。

 

加齢臭を発生させてしまう原因物質として挙げられているのがノネナールという脂肪酸の1つです。
ノネナールを発生させる原因は、ノネナールの大元であるパルミトオレイン酸の増加です。
パルミトオレイン酸は、肉類や脂質が原料となっているので、多く摂取していることで、より加齢臭を発生させやすくなってしまいます。

 

もちろん、肉類や脂質の摂取だけではなく活性酸素も大きな原因の1つです。

 

活性酸素とは、私たちの体内の細胞を錆びつかせてしまう物質として有名ですが、抗酸化作用が期待できる食品を積極的に摂取することで減少させることが可能です。

 

「抗酸化作用が期待できる食品例」

 

・アーモンドなどのナッツ類
・緑黄色野菜
・バナナ
・大豆食品
・生姜・ニンニク
・アボカド

 

加齢臭の原因2

 

酒

食事の次に挙げられるのが生活習慣です。

とくに、加齢臭につながる生活習慣として真っ先に挙げられるのが、喫煙とアルコール摂取です。

 

実際に、50代以降の加齢臭を発生させている中年男性の約7割もの人が喫煙者であることが判明しており、喫煙により体内の活性酸素を増やして加齢臭の原因成分を多く生成させていることが判明しています。

 

また、喫煙によりビタミンが破壊されてしまうので、体内が酸化を起こしやすくなってしまうというのも加齢臭の発生につながります。

 

次にアルコール摂取です。

 

アルコールを大量に摂取していると、肝臓でアセトアルデヒドという物質が発生するのですが、この物質は強い刺激臭を発生させているため、加齢臭と混ざることでより強力な臭いを作り出します。



和食

加齢臭を発生させない。

または、加齢臭を減少させるのに大切なのは、メタボにならないような生活を心がけるということです。
食事は、野菜や魚を中心とした和食を心がけたり、アルコールの摂取は控えるというのが加齢臭予防にも大きな効果を発揮します。