加齢臭は、女性よりも男性の方が強いのはどうしてでしょうか。

男性の方が女性より臭いがキツイといわれる理由

女性と男性を比較すると、明らかに男性のほうが体臭について指摘される場面が多いですよね。

 

思春期の娘さんなどがいるご家庭では、「お母さん臭い!」と聞くことはなくても、「お父さん臭い!」と言われてしまうこともしばしばあるのではないでしょうか。

 

なぜ、同じように毎日お風呂に入っていても、男性ばかりが臭いに対して批判されてしまう事が多いのでしょうか。

 

男性が女性よりも臭いがキツいと言われてしまう原因について考えてみましょう。

 

加齢臭は女性よりも男性の方が発生しやすい

 

一般的に男性が女性よりも体臭が強いのには幾つかの理由があります。

 

デオドラント

まず1つめが、加齢臭の臭いの原因とも言われているノネナールという物質が40代以降の中年男性に分泌されやすいのに対して、女性の場合は閉経後に分泌される場合があるということで、発生確率が年齢的にも高いということです。

 

次に、ノネナールとは異なるペラルゴン酸という加齢臭に類似した物質が、20代後半から30代にかけての若い男性にも発生するという点です。

 

そして、これらの加齢臭を分泌する物質は、煙草やアルコールの摂取に影響されやすいため、女性よりも男性の方が喫煙者が多い点と、アルコールを摂取する機会が多いという点で、やはり臭いの発生確率は男性の方が高くなることが判明しています。

 

頭部に分泌されるジアセチルも男性が臭いやすい理由の1つ

 

男性は30代以降になると、頭部にジアセチルという成分の分泌が発生しやすくなります。
ジアセチルは非常に悪臭を放つ成分で、いわゆる脂臭さを発生させてしまいます。
そのため、シャンプーの香りが残りやすい女性と比較すると、男性の方がジアセチルにより脂臭さを発生させるため、枕などの寝具にも臭いが残りやすくなります。

 



・加齢臭セルフチェック法

これまでの話で、男性の方が女性よりも臭いを発生しやすいという事は分かって頂けたと思いますが、加齢臭がここまで世間で取り上げられている理由の1つには、自分自身で臭いに気がつけないという実態があるからです。

 

加齢臭が気になり出したら、まずは以下のようなセルフチェックを行ってみましょう。

 

「加齢臭セルフチェック」

 

家族から臭いと言われる
枕などの寝具が臭う
衣類は毎日洗わない
喫煙している
お酒を日常的に飲んでいる
頭部に汗をかく頻度が高い
外食が多い
脂質の多い肉類などを好んで食べている
日常的にストレスを感じる

 

これらの項目が3つ以上加齢臭予備軍
5つ以上加齢臭を発生させている可能性が高いとみられています。

 

皆さんもまずはセルフチェックで自分自身の状況を把握してみて下さいね!